京つう

  日記/くらし/一般  |  海外

新規登録ログインヘルプ


2010年09月02日

かぐや姫 2

おじいさんは、そのそばに行きました。そこには、下の方がぴかぴか光っている竹がありました。
「中に何があるんだろう」

おじいさんは、その竹を切ってみました。すると‥‥‥

中に小さな女の子が座っていました。
「おお、かわいい女の子だ!」

おじいさんは、その女の子を家に連れて帰りました。おばあさんも、たいへん喜びました。二人は、子どもがいなかったからです。おじいさんは言いました。

「今日からこの子は私たちの子だ。かぐや姫と呼ぼう」
かぐや姫というのは、ぴかぴか光る女の子という意味です。

つづく 今日はここまで







Posted by 海 at 19:30